Archive for 10月, 2016

10月 28th, 2016, by admin

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のプレーヤーが保護区域の砂浜に殺到していることに対し、これをやめさせるようにとの求めに応じていないとして、オランダ当局がゲームを開発した米ナイアンティックを相手取り提訴に踏み切りました。オランダでポケモンGOがリリースされて以来、人気モンスターが出没するカイクダインの砂浜には大勢のプレーヤーが殺到し、砂浜の周囲には保護区域の砂丘があるため、当局は懸念を表明していました。当局は声明で、「保護区域内のこれらのバーチャル動物の全面禁止と、路上での午後11時から午前7時までの禁止を要求する」と述べました。問題となっているのは、ハーグ郊外にある小さな町のカイクダイン。オランダで同ゲームの配信が始まってから、人気のモンスターが多く出現すると話題になり、多くの利用者が押し寄せるようになったのです。海沿いにある保護対象の砂丘への影響を懸念する当局が8月、開発会社に対応を要請しましたが、不調に終わったので、「他に手段がない」として提訴に踏み切ったわけです。当局側は声明で「午後11時から午前7時まで、バーチャル小動物が保護地区および街頭に出現しないよう望む」と表明し「カイクダインは今後もポケモンハンターにとって魅力的な場所であり続けるが、(夜間の出没禁止で)トラブルや保護地区の被害は減る」と説明しています。

No Comments »
10月 14th, 2016, by admin

スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の関係者向け説明会が9月27日、東京都内で開かれ、開発責任者であるナイアンティックの野村達雄ゲームディレクターは、現在の「ポケモンGO」について「まだやりたいことの1割しかできていない」と明かしました。今後についての詳細な説明は避けましたが「(ゲームの)トレーラーをもう1回見てもらえると、やりたいことが分かってもらえるかも」と話しました。社会的なヒットについて、野村ディレクターは「受け入れられる感触はあったが、ここまで大きくなるとは予想しなかった。そもそも出る前に(大ヒットすると)言っても感覚の話になるが、想定の100倍」と振り返りました。ポケモンGO推進室・江上周作ディレクターは「趣味がこれだけ多様化している時代に、世界の風景が一転したわけで、これだけのブームになるとは思わなかった」と話しました。「ポケモンGO」の制作では、「ポケモンを捕まえること」「複雑なゲームシステムにはしない」ことを軸にし、当初は、アイテムを取れる「ポケストップ」と、バトルをする「ジム」の区別がなく同じだったのですが、プレーヤーの人の流れを考えて分割するなど、状況に応じてゲームの仕様を変更していきました。野村ディレクターは「我々のやり方を、ポケモンさんに理解してもらったのは大きかった」と感謝していました。
http://www.samsung.com/jp

No Comments »
10月 6th, 2016, by admin

VR酔いという言葉をテレビのニュース番組で聴きました。みなさんはご存じでしたか?

VR酔いとは、文字通りVRを体験している途中で車に酔ったのと同じような状態になること。ひどい時には吐き気やめまいをおぼえることもあるそうです。

番組の中で実験を行っていたんですが、VRの中の映像が横揺れ、縦揺れ、前後揺れなど大きく動けば動くほど、酔いも大きくなるようでした。いくら面白いゲームでも、酔った状態になればゲームを楽しむことはできませんからね。

また、このVR酔いという言葉が広まり、VRについて悪い印象が広がることで、VRの進化にも影響を起こしかねないとして、専門家たちはどうにかしてVR酔いをしない方法を研究していました。

私は実際にVRのヘッドセットを目にしたことがなく、体験もしていないので何とも言えないんですが、車酔いは子供のころから酷かったんです^^なので、VR酔いももしかしたら恐ろしいことになっちゃうのでは・・・と心配です。早く体験したいんですけどね。。

防水・防塵スマホとは?

No Comments »