Archive for 6月, 2017

6月 30th, 2017, by admin

東芝は、SDカード規格を策定した会社のひとつです。業界のパイオニアです。スマホ向けNANDフラッシュメモリ事業が絶好調。2013年度の営業損益をチェックしても、電子デバイス部門が2,385億円と飛び抜けています。全体の営業利益が2,908億円ですから、microSDカードを含むNAND型フラッシュメモリやSSD、HDDを手がける同部門の好調ぶりが際立っています。赤と白でデザインされた「EXCERIA(エクセリア)」は、東芝製マイクロSDカードの最も標準的な「スタンダードモデル」。読み出し速度が「48MB/秒」の標準タイプと、「90MB/秒」の高速タイプが存在します。48MB/秒モデルが安く、90MB/秒モデルはやや高価です。UHSスピードクラス3(U3)対応の超高速モデル。UHS対応機器における「4K動画撮影」に適しています。読み出し速度95MB/秒・書き込み速度60MB/秒。64GB、32GB、16GBの3種類をラインナップ。私は64GBを購入しました。「UHS-II」規格に対応した「EXCERIA PRO」シリーズは、東芝史上最高の転送スピードを誇るmicroSDカード。最大読み出し速度270MB/秒・書き込み速度250MB/秒の圧倒的ハイスピード。64GB、32GB、16GBをラインナップ。16GBのみ「書き込み速度250MB/秒」、32GBと64GBは「書き込み速度150MB/秒」。いずれもUHSスピードクラス3(U3)対応しています。16GBモデルの購入レビューは、東芝の本気!EXCERIA PROは最大270MB/sの超高速microSDカードをご覧ください。「UHS-II」に対応したマイクロSDカード製品リストは、UHS-II対応マイクロSDカードまとめ・UHS-IIカードリーダー製品一覧でまとめて紹介しています。

No Comments »
6月 19th, 2017, by admin

スマホのバッテリーってみなさんは持ち歩いていますか?現在のスマホはかなりバッテリーの持ちも良くはなってきているので、そこまで充電!充電!と言わなくても^^大丈夫にはなってきましたは、それでも動画を観たりGPSを使ったゲームなどを楽しんでいるとバッテリーの減りは早いですよね。

そこで、今年販売されているスマホのバッテリーについてちょっと調べてみました。現在販売されているモバイルバッテリーは主に4種類に分けることができるんだそうです。大容量、コンセント充電、急速充電、そしてスリムで軽量。

大容量のバッテリーとは容量が10000mAh以上のものを指すそうで、スマホが2回以上フル充電可能だそうです。コンセント充電のバッテリーとは、カフェやファストフードのコンセントがある場所によく行く人に便利なアイテムのようです。急速充電は一般的なバッテリーより早く充電できるもの。ただ、お値段が高め、大型、という点も知っておいてください。そして最後にこれとは逆のスリム、軽量バッテリー。そこまで容量は多くないものの、持ち歩きにも負担無く使えそうです。

スマホバッテリー

No Comments »
6月 4th, 2017, by admin

スマホのバッテリーを持っていな人は一つは持っておいた方が良いでしょう。
電池切れの心配がなくなるのは勿論のこと、災害時に役立つことがあるからです。
そんな便利なスマホのバッテリーに「MixMart」のモバイルバッテリーがあります。
このスマホのバッテリーは24,000mAhという大容量バッテリーになっていますので、持ち歩いていれば絶対に充電切れの心配をすることはありません。
また、3つのUSBポートが付いていますので3台同時に充電することができます。
だから、友達や家族などのスマートフォンも充電してあげれるから便利ですね。
災害時や暗闇などで役立つLED懐中電灯が付いていますので安心です。
電池は最高品質のリチウムイオン電池ですし、安全認定部品の使用や自動停止保護機能が付いていますので、誰でも安心して持ち歩くことができるでしょう。
急速充電にも対応していますので急いでいるときでも安心ですね。
それに、軽くて持ち運びやすい軽量コンパクトサイズですので外出や旅行などでも気軽に持ちあることができますね。
このようなスマホのバッテリーはボディ表面に傷がつきにくいコーティングが施されていますので、綺麗に長く使い続けられるとモバイルバッテリーと言えるでしょう。

No Comments »